ヒハツのサプリメントで冷え性に負けないって本当?

ヒハツは、リフタージュに含まれる成分のひとつです。

ヒハツ

コラーゲンやヒアルロン酸とは違い、あまり聞きなれない言葉ですよね。
そんなヒハツに秘められた美容パワーを検証します!

ヒハツとは?

ヒハツというのは別名「ロングペッパー」と呼ばれる、コショウ科の植物です。
果実の部分はコショウに似た風味があり、調味料として使われています。

見た目はコショウとは違い、細長い形をしているのが特徴です。

ヒハツ

日本では沖縄でよく使われているヒハツは近年、調味料以外の目的でも使われるようになってきています。

美を作る成分でキレイを引き出す

最近ではヒハツはいろいろなサプリメントにも使われるようになってきました。

一体ヒハツのどんな成分に、どんな魅力が秘められているのかを詳しく検証していきます!

注目の成分とは?

ヒハツが美容のサプリメントに使われるようになったきっかけの成分が「Tie2(タイツー)」です。

Tie2(タイツー)というのは血管内皮細胞に存在する酵素の一種です。

ヒハツは、このTie2(タイツー)と相性が良いので、めぐりの良い毎日を生み出してくれるんです。

Tie2(タイツー)が活性化すると、様々な部分で変化を感じることが出来ます。

ヒハツがもたらす美容パワー!

冷え性やむくみ

むくみや冷え症は、美を目指す女性の大敵ですよね。

血液のめぐりがよくなると、血行も良くなって冷え性やむくみの対策になります。
寝るときに足元が冷えて眠れなくなってしまうなんてことも、少なくなりそうですね!

抜け毛予防にも

血液のめぐりがよくなると、抜け毛予防にもなります。

髪の毛には頭皮を通して栄養が送られています。
めぐりが悪いと、当然髪の毛にも十分な栄養が届かなくなってしまいます。

キレイな髪を保つためにも、ヒハツはとても重要な役割を果たしてくれます。

合わせて試したい豆知識

体の冷え、むくみ、お肌のたるみ、くすみなどを感じている方は、めぐりや代謝が低下しているのかもしれません。

ヒハツをサプリメントでとるのも良いですが、ヒハツを活かすには、

・運動を心がける
・下半身を鍛える
・太りすぎない

ことも大切です。

これらに気をつけてみると、もっと大きな違いが感じられるかもしれませんね!

一日の摂取量は?

ヒハツの一日の摂取量の目安は300mg~2g程度と言われています。

ヒハツはリフタージュなどのサプリメントのほか、香辛料としても売られています。

粉末になっているものがほとんどなので、コショウと同じように使うことが出来ます。

リフタージュには、ヒハツ抽出物末が150mg入っています。

デメリットはあるの?

いろいろな美容パワーがあることが分かったヒハツですが、気になるのがデメリットについてですよね。

いろいろと調べたところ、デメリットや副作用についての情報は見当たりませんでした。

ヒハツに秘められたパワーで内側からキレイに

ヒハツには、女性に嬉しい美容パワーがたくさん秘められていましたね。

リフタージュならドリンク剤として手軽にヒハツが摂取できるのが嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です